シロアリ対策に有効なタームガードシステムの施工手順を把握

シロアリの習性を知って効果的な対策を施す シロアリの習性を知って効果的な対策を施す

タームガードシステムの施工はとても簡単

優れた防蟻効果を発揮するタームガードシステムは、シロアリ対策に役立ちます。システムの設置手順は、意外とシンプルです。こちらでは、タームガードシステム施工の主な流れについての説明をします。

再施工の施工手順はたったの2工程

タームガードシステムの施工手順は至ってシンプルです。以下の文で、システム施工の2工程を確認しましょう。

シロアリの発生状況の確認

作業スタッフが、床下に入って腐れやカビの発生状況と一緒に確認します。基本的には、目視と金槌による打音でシロアリの発生状況を調査します。これらの作業は任意なので、依頼をする際に要望で床下の調査を省略できます。

薬剤の注入

シロアリが潜んでいないのを確認したら、地表面に設置した専用パイプから防蟻薬を注入して、地中に薬剤を浸透させます。

タームガードシステムの確かな実績

タームガードシステムは、駆除効果は勿論のこと信頼と実績が重要視されます。こちらでは、シロアリ駆除に高い効果を発揮するタームガードシステムは、どれほどの実績を有しているのかをご説明します。

施工数は驚きの15万棟数

日本同様、オーストラリアでは甚大なシロアリ被害に悩まされていました。1987年代にタームガードシステムが誕生して以来、様々な方が利用しています。タームガードシステムは、一生涯シロアリを退け続けられるのと、高い安全性を有していることが評判を呼び、今まで15万棟以上の設置実績を有しています。今では、アメリカ・香港・UAE・シンガポールなど世界各地にタームガードシステムが普及しています。このことから、大切な財産である住宅を、健全な状態を維持するのに欠かせないシステムとなっています。

TOPボタン