シロアリ対策で効果的な建物にする!迅速に対処しやすくする

シロアリの習性を知って効果的な対策を施す シロアリの習性を知って効果的な対策を施す

シロアリはいつでも狙っている…【シロアリの怖さを再チェック】

土中と住宅の内部に潜むシロアリは、いつ住宅内に進入するかがわかりにくいです。シロアリ対策を施す場合、どのような対策を施せばいいのかを把握しておきましょう。こちらでは、対策が施しやすい家の構造について説明します。

「姿が見えないから安心」は間違い!

見えないところで活動するのが、シロアリの恐ろしさ。いつの間にか、建物の土台・柱・桁・梁などの主要構造箇所を食い散らかしています。その影響により、耐震性と耐久性を損ない、台風や地震で予想外の被害を被ってしまいます。しかも、シロアリは木造だけでなくコンクリート式の建物でも難なく内部に侵入してしまうことが判明しています。それに、内部の建材の他に、家具や家具内に保管している物品も食い散らかしてしまいます。シロアリの食害を最小限に抑えるには、早期発見するのが得策です。

シロアリ対策がしやすい家を建てよう

シロアリ被害を最小限に抑えるには、構造にこだわるのが望ましいです。こちらで複雑化した構造の住宅にすると、どんな弊害がもたらされるのかを見てみましょう。

床下のシロアリ

低い床下・密閉された柱・土間周りが複雑な作りになっている家や、無理なデザインを施したリフォームハウスは、シロアリの食害に対処できない家が多いです。一応、新築でも薬剤処理は施しますが、薬剤は永久に持続しません。複雑な構造の家だと、箇所によっては二度と対策が施せなくなります。そのため、家を購入する際はシロアリ対策が迅速に対処しやすい構造の家にしましょう。

シロアリは、木造やコンクリートでも関係なく侵入して家をボロボロに食いつくす厄介な生命体です。これから家を購入するなら、複雑なデザインではなく、シロアリが侵入しても対策が施しやすいデザインの家にするのがおすすめです。

シロアリ対策において重要なもの、それは「継続性」

キーワードは「5年」

大切な住宅をシロアリから守るために、防腐防蟻処理を施すのが重要です。防腐防蟻処理は、建築基準法で規定されているため、施工中に防腐防蟻専用の薬剤処理を施されます。しかし、防腐防蟻処理で使用される薬剤の効能は5年ほどで効果が切れてしまいます。なぜかというと、自然環境の中で徐々に分解されてしまうからです。そのため、5年サイクルで防蟻再施工を施すのがおすすめで、長期的にシロアリを寄せつけずに済みます。

シロアリ対策は、一回だけで済ませるのではなく継続することが重要です。そうすることによって初めて効果を持続させられます。シロアリの食害を未然に食い止めるためには、防蟻薬剤の効果が切れないように定期的に薬剤を散布するとよいでしょう。

TOPボタン